Use of Blockchain To Promote Art

“Technology is neither good nor bad; nor is it neutral”. The famous quote stated by Melvin Kranzberg inspires us to apply new technologies according to our needs.  One such technology, which was propagated by Bitcoin obsession and defined as blockchain, has a revolutionized impact on businesses globally and is believed to have the potential to …

Read More

Experimenting with GPT-2 to Generate Patent Text

Here at Xlpat Labs, as a part of R&D, we have focused on fine-tuning an OpenAI pre-trained model to generate coherent patent claims automatically. Patent claims language is an untouched area of research and a challenge in itself. We are figuring out language structures in claim text and leveraging its human explanations to meet our …

Read More

XLPAT Newsletter – 25th January 2020

An Overview XLPAT newsletter will be released on the 10th and 25th of each month. The 10th issue will be focused more on XLPAT and the 25th issue will include the latest details about sister concerned companies TT consultants and Talwar Advocates. —————————————- This Newsletter covers: Article 1 – XLPAT visit to JAPAN Article 2 …

Read More

AI and NLP for Patent Monetisation

Using NLP, big data and ML to identify infringers in a patent portfolio. Every company has finite competitors, every competitor has finite products, and every patent has claims that can be analysed by NLP and learning can be enhanced by ML. Company’s internal data set includes : • Industry standards • Previous data maps • …

Read More

How important is it to assess IP assets for decisions related to Mergers & Acquisitions?

Mergers-Acquisitions or collaborations allow business enterprises to enhance their competitive positioning, and in certain cases, to expand or downsize. There are many factors that are responsible for a successful merger or acquisition and one of them is IP asset evaluation. Business enterprises, that are looking to strengthen their competitive position, should have a thorough knowledge …

Read More

Indian Patent office to Incorporate Artificial Intelligence in Patent Processing; Chandigarh Company gets the nod to go ahead.

Indian Patent Office has taken pioneering steps in applying Artificial Intelligence in Patent Examination System marking multiple firsts. The System envisages: In the last one decade, the Human Intelligence has evolved to an unimaginable level where we have seen not only rapid technology up-gradation and developments but also the transfer of knowledge from Humans to …

Read More

Japan Forbes – Komal Sharma Talwar

Patent innovation started in the basement room According to the World Intellectual Property Organization (WIPO), the number of patent applications has been increasing every year, reaching 2017 in 3.17 million. It takes a lot of time and money to look at these patents, analyze them to see if their technology is infringing on other intellectual …

Read More

XLPAT Newsletter

TTコンサルタンツ ニュースレター 2019/12/25号 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇本日の注目記事 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆ インド特許庁、審査業務にXlpatを正式採用 ◆ 初級スクールを開始しました ◆ フリートライアルの条件を緩和しました ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇インド特許庁、審査業務にXlpatを正式採用 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ インド特許庁は、インド政府と人工知能の適用拡大を進めおり、本件は特許審査、さらには政府やガバナンスのプロセスにおいて人工知能が適用されることになった最初の事例となる。 TT Consultants ( www.ttconsultants.com )は特許調査と分析のためのAIツール「XLPAT」を開発・販売している。 同社は、グローバルに事業を展開しており、日本国内にも強力な代理店と顧客サポートネットワークを持つ。多くの日本企業が、その知財部門や研究開発部門において、社内プロセスの効率化のためにXLPATを使用している。 TT Consultants MDの創業者である Mrs.Komal Sharma Talwar は、今年9月に発行されたForbes日本版にインタビューが掲載され、AIを知的財産に活用するリーダーとして位置づけられている。 インドにおける特許出願の増加で特許審査官には大きな負担がかかっており、特許付与までの期間も長くなっていた。 インド政府は、自動化と人工知能を活用することで、特許審査官の負担を軽減し、特許プロセスの効率化と一貫性を高めたいと考えている。  インド特許庁が新技術を利用する業務は、特許処理、審査、分類、段階的な分析など。 毎年、約55,000件の新しい特許が出願されており、その処理は手作業で行われている。政府は、スタートアップ、大学、投資家への信頼を高めるために、プロセスの自動化と質の向上、システムの効率化を計画している。 インドだけでなく、世界中の特許庁が人工知能等の新技術に注目、知的財産権のプロセスを高速・活性化を目指している。  日本の特許庁でもAIを中心とする取り組みを開始し、業務のスピードアップと効率化を図っている。特許庁ではAIを使って特許関連の質問に対する自動回答を始めており、人手によるものと遜色ないとしている。特許庁は過去3年間に注目すべき様々なPOCを開発、結果をもとに主要な知的財産権業務のためのAIベースのソリューション構築を決定し、これに先行技術調査も含まれている(参照4)。  USPTOも実現可能な解決策の構築に新技術を活用している。この流れの中にいる、すべてのイノベーターと企業を招待してセミナーを開催した(参照5)。  人工知能は、特許出願、分類、スクリーニング、公報公開、割当、先行技術調査及びその他の段階等、様々なプロセスにおいて利用される。  この点で、インド特許庁における動きは重要である。  ● インド初の包括的に人工知能を使用する審査システムの導入であること ● 世界初の特許分野に包括的に人工知能を使用する入札であること。 ● チャンディーガルの中小企業が、タタ・コンサルタンシー・サービス(TCS)、テックマヒンドラ(Tech-Mahindra)、ウィプロ(Wipro)などの大企業に入札で勝利したこと。  インド特許庁の入札で落札したチャンディーガルの中堅企業TT Consultant XLPATは、知財業界に10年以上前から参入している知財調査会社であり、100社以上のフォーチュンランキング企業に戦略的IPコンサルティングを提供している。同社のスピンオフ企業XLPAT Labsは、人工知能や機械学習などの技術を使って知財解析業務を自動化する技術を持つスタートアップである。 TT Consultant XLPATは、強力な自社R&Dチームを持ち、社内のIP部門はもとより、多くの企業のR&D部門にAI技術を提供、今後はインド特許庁と緊密に連携して、特許審査プロセスのスピードアップを目指す。このプロジェクトはインド特許庁による大胆かつ知的な試みであり、実現すればインド特許庁は間違いなく誇り高い世界的な技術リーダーとなるであろう。 入札情報へは次のサイトからアクセスできます。 http://www.ipindia.nic.in/writereaddata/Portal/Tender/175_1/1_Expression_of_Interest-AI-02-08-2018.pdf  参考サイト 1. https://www.financialexpress.com/industry/triangular-contest-tcs-wipro-tech-mahindra-in-race-for-job-to-spruce-up-patent-processing-system/1431888/ 2. www.ttconsultants.com 3.  www.xlpat.com 4.  …

Read More

Connected IoT: What Is The Future?

In 1999, Kevin Ashton of Procter & Gamble (P&G) introduced the “Internet of Things” (IoT) in a presentation entitled “Internet of Things” in which he proposed a new idea of connecting RFID in P&G’s supply chain to the Internet. Fast-forwarding to today, the “IoT” has become the title of everything; be it a blog, an …

Read More